少額の融資の場合は金利が高くなる?

少額の融資を希望した場合、金利は高くなります。これはキャッシングにおいては、借り入れ金額が大きくなるほど金利が下がるというシステムになっているからです。これには利息制限法という法律が絡んでいる面もあり、この金利について見ていきます。

 

利息のかからない、無利息期間のあるカードローン!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

プロミス※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 

50万円以下の金利は同じです

借り入れを行った金額が50万円以下の場合、どのキャッシング会社でもまず最高の金利率が適用されると思ってください。大手の消費者金融では18%が最高金利のことがほとんどです。50万円以下にはそれが適用されます。100万円を超える額の融資になると、キャッシング会社に関わらず、最高でも15%の金利になります。

 

これには上に書いた利息制限法という法律が絡んできます。この利息制限法では10万円未満の融資に対しては20%、10万円〜100万円未満では18%、100万円以上になると15%が設定できる最高の金利率だと定められています。これを超える金利の設定は違法になり、キャッシング会社では融資額によって必ずこの範囲で金利を設定します。ですので100万円を超える融資になると、金利は最高でも15%になるのです。

 

10万円未満の場合は金利を上げる業者も

大手の消費者金融の場合、100万円未満の場合は最高金利を設定することがほとんどです。それが軒並み18%程度だということは上に書きましたが、これは利息制限法による、100万円未満の場合は最高18%までという制限に由来しています。

 

10万円未満の場合は20%まで設定することが可能ですが、大手の消費者金融では100万円未満を一律に考えているのです。そのため、最高でも18%にしています。ですが中小の消費者金融では100万円未満と10万円未満を別けているところがあり、10万円未満の場合は18%を超えて20%までの範囲の金利を設定されることがあります。

 

これは中小の消費者金融は大手と比べてそれほど利用者の数がいないので、少しでも多くの金利を得ようとしているからです。もちろん法律に違反している訳ではありませんが、この点から10万円未満の場合は大手の消費者金融を利用した方がいいかも知れません。

 

金利20%は遅延損害金と同じ利率です

返済日に支払いができなかった場合、利息とは別に遅延損害金を要求されます。これはキャッシング会社を問わず、20%で統一されています。(法定での最高利率です)利息は日割りで発生しますので、例えば返済が3日遅れてしまった場合、その3日分の利息と同時に遅延損害金も支払うことになります。

 

この遅延損害金は返済日を守らなかったことに対するいわゆるペナルティですが、金利が20%ということは、そのペナルティと同じ金利を最初から設定している訳です。そのような業者を利用することは避けた方がいいでしょう。

 

ワンポイント

即日キャッシングをスムーズに行うポイント


ということで今回は即日キャッシングの利用方法について紹介してきました。おおまかな方法としては以下の2点です。

 

  • ネット申し込み
  • 店頭または無人契約機

 

スピードや手間、時間のことを考えるとネット申込の方が断然便利ですし、外出中でも申し込めるのは嬉しいですよね。必要な書類などもしっかりとチェックしておけば、スムーズな借入を実現できると思います。急いでいる時ほど落ち着いて冷静になって申込みをすすめるようにしましょう。

 

出典【キャッシングちっく!】

 

少額融資専門の業者は金利が高いです

最初から10万円や20万円までの借り入れしか行うことができない、少額融資専門の消費者金融が存在します。このような業者では、金利を利息制限法における最高利率に設定していることが多いです。

 

これは元々貸し出す金額が少額なので、少しでも金利を得ないといけないからです。10万円未満を専門に貸し出す業者では、金利は法定ギリギリの20%に固定していることがほとんどです。

 

少額が希望の場合でも、このような業者から借り入れを行うのは避けた方が懸命です。大手の消費者金融では融資金額に関わらず最高でも金利は18%なので、少額でも大手から借りた方が得になります。

 

大手の少額専用コースを利用しましょう

大手の消費者金融であるアイフルでは、10万円未満の融資に対する専用コースを用意しています。少額の融資専用のため、書類の記入が必要なく、また通常の融資の場合と比べて審査が速いのが特徴です。

 

申し込みに必要な書類は身分証明書だけです。借り入れを行う額は10万円未満ですが、それによって金利が上がることはありません。アイフルの設定している最高金利である18%です。少額専門の業者を利用するよりおすすめです。

 

少額だと無利息期間が発生する業者もあります

新生銀行のカードローンのレイクでは、融資金額が5万円以下の場合、借り入れを行ってから180日間は無利息というサービスを行っています。これは5万円までの借り入れを行う場合はかなり魅力なサービスだといえます。

 

およそ半年以内に返済をすれば、一切利息を支払う必要がないのです。また180日を超える借り入れになった場合、181日目から1日分の金利が発生します。無利息期間に返済ができなかった場合でも安心です。

 

このような少額の融資だからこそ受けられるサービスもあるので、少額の借り入れを行う前には金利やこのような無利息サービスについて調べてから申し込みを行うことをおすすめします。

少額の融資ほど審査に通りやすい?

消費者金融も銀行も同じく、フリーキャッシングのカードローンの最低限度額は10万円です。実際に限度額がこの金額に設定されるということは、一応審査には通ったが最低限の信用しかないと判断された場合になります。申し込みと同時に10万円の融資を希望した場合でも、限度額自体は20万円や30万円などに設定されることが多いです。

 

これは貸し出す側は、審査を通過できた人には少しでも多く融資を行いたいからです。もちろん貸し出す金額が多いほど多くの金利を得ることができます。ですが審査の結果、ギリギリ融資ができる最低基準だと判断された場合はとりあえず10万円を限度額に設定して、今後の利用状況次第で限度額を増額していこうと考えます。最初からそれ以上の融資は危険だと判断されたということです。

 

このような理由で最初に限度額が10万円になってしまった場合でも、利用状況によって限度額は増額されていきます。それはきちんと返済を行うことです。それによって実績が付き、もう少し多く貸しても大丈夫だと判断してくれます。この限度額の増額は必ず行われる訳ではありませんが、多くの消費者金融では定期的に利用額の増額を判断していて、増額しても大丈夫だと判断されればその旨の案内が送られてきます。ここで増額をお願いすることで、限度額が増額されます。

 

職業や年収によっては30万円までは少額扱い

会社員や公務員で勤務期間も数年に及ぶような場合、10万円の希望額で申し込みを行ったも限度額は30万円になることが多くあります。これは上にも書きましたが、返済に不安がないと判断した人に対しては少しでも多く融資を行いたいからです。会社員や公務員は定期的にある程度の収入があり、また今の職を簡単に辞めてしまう可能性も低いので、希望額以上の限度額を設定して、なるべく大きい金額を利用してもらおうと考えています。

 

逆にそれらの職業で限度額が10万円に設定された場合、かなり信用がない状態だと判断されたということになります。主な原因としては他からの借り入れ額や借り入れ件数がそれなりに多かった場合や、過去に返済の遅延をしたことがあったような場合です。

 

他からの借り入れは年収の1/3を超えない総量規制の範囲内であればあまり問題にすることはありませんが、返済の遅延が致命的になることは少なくありません。キャッシングは無担保、保証人なしで借り入れを行えますが、それはきちんと返済するだろうと信用して貸してくれているので、その信用を裏切るような行為には厳しくなって当然です。

 

会社員や公務員でこの限度額が10万円と設定されてしまった時は、返済状況を記録している信用情報がかなりまずい状態だと思ってください。これからきちんと返済をして、少しでも信用を回復することが大切です。

 

希望額を少なくするほど審査に通りやすくなります

最低の限度額が10万円なのは説明しましたが、借り入れを行いたい金額が10万円以下の場合はその金額だけを希望してください。借りたお金にはその額に応じた金利が発生しますので、無理にキリがいい数字などにする必要はありません。大抵の消費者金融や銀行では1万円単位で自由に希望できます。

 

更に希望額が少ないほどキャッシングの審査自体に通りやすくなります。それはギリギリの10万円のラインがあるからです。とてもこの人には貸せないと判断されない限り、10万円の審査であれば収入面が問題になることもありません。元々それ以下の希望額であれば、この限度額でも充分のはずです。

 

例えば30万円を希望した場合、そこまでは無理でも10万円までならと審査の結果、限度額が10万円になることがありますが、この最低ラインである10万円の限度額の審査をせずにそのまま30万円の審査として落とされてしまうことがあります。必ず通過できれば最低でも10万円の限度額になる訳ではないということです。このようなことが無いために、キャッシングの申し込み時には本当に必要な金額だけを希望しましょう。

 

少額専門ローンは避けた方がいいです

元々限度額が10万円や20万円までという、女性専用や少額専門のローンを扱っている消費者金融がありますが、このようなところは避けた方が懸命です。それは金利が法定金利ギリギリに設定されていることがほとんどだからです。少額しか貸し出さないので、少しでも多く金利を得るために一般の消費者金融以上の金利に設定されています。

 

またこのような少額専門のローンでも、審査は通常のキャッシングと同様に行われます。少額専門だからといって審査が甘くなる訳ではありません。ですので少額を希望の場合でも、通常のキャッシングを希望額を少なくして申し込んでください。

おすすめ金融機関一覧

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス

4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム

3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル

4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット

3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン

4.9%〜14.5% 500万円 最短即日