銀行なら夫の同意なしで借り入れが可能です

専業主婦がキャッシングを行う場合、銀行のカードローンを利用することになります。これは消費者金融のキャッシングの利用は原則的に申し込みを行う本人に収入があることが条件だからです。

 

その銀行のカードローンですが、夫の同意を必要としない銀行があります。具体的には大手の銀行では三菱東京UFJ銀行やみずほ銀行がそうです。またネットバンクの楽天銀行でも夫の同意書が必要ありません。

 

主婦でも利用できるキャッシング!
女性におすすめレディースローン 専業主婦歓迎のカードローン

▲レディースプロミスのページヘ

▲イオン銀行カードローンBIGヘ

 

同意書なしで借り入れを行えます

夫の同意書は正確には配偶者の同意書を呼び、消費者金融でもこれがあれば主婦が借り入れを行えるケースがあります。ですがその場合も本人にパートなどで少しでも収入があることが条件になり、無収入の専業主婦では消費者金融から借り入れを行うのは難しいです。

 

銀行ではこの夫配偶者の同意書があれば専業主婦に貸し出しを行っているところが多くありますが、上記のような銀行ではこの同意書が必要なく借り入れを行えます。他には地方銀行の東京スター銀行や横浜銀行、またイオン銀行でも同意書が必要ありません。

 

その他にも必要な書類があります

専業主婦の銀行のカードローンの申し込み時に必要な書類は、まず身分証明書です。これには運転免許証や健康保険証、パスポートが利用できます。そして夫の同意が必要ない銀行のカードローンでも、その夫との婚姻関係を証明する書類が必要になります。これには一般的に住民票が利用されることが多いです。それが証明できる公的な書類であれば、戸籍抄本などでも構いません。

 

ですがこの書類も必要がない銀行があり、楽天銀行と横浜銀行がそれに当たります。専業主婦のカードローンの申し込み時には夫の年収や会社名、会社の連絡先といった情報を記入することがありますが、契約をするのはあくまで妻の方なので、夫に連絡がいくようなことはありません。完全に夫に内緒でキャッシングの利用が可能です。

 

また横浜銀行のカードローンを利用する場合、神奈川県、東京都、群馬県のいずれかに住んでいる、もしくは勤務している必要があります。専業主婦の場合は勤務先は無いので、その3つの都道府県に住んでいない場合は利用できません。これは地方銀行ならではの条件だといえます。

 

消費者金融は避けた方が無難です

消費者金融でも信販系の会社では専業主婦に対する融資を行っているところがあります。ですがこういった消費者金融からの借り入れはあまりおすすめできません。まず銀行のカードローンと比べて専業主婦に対して審査が厳しいという点があり、また本業はあくまで信販系のカード会社(つまりクレジットカード)なので、現金の貸し出しには積極的ではない面があります。

 

金利も消費者金融なので、銀行より高く設定されています。銀行のカードローンの方が審査に通りやすく、また金利も低く設定されているので、何も無理に消費者金融を選択する必要はないという訳です。

 

借り入れ額は決められています

専業主婦が銀行のカードローンを利用する場合、限度額は一律で30万円に設定される傾向があります。これは専業主婦の場合、申し込みを行う条件がほとんど変わらないということがあり、その都度人によって審査で限度額を変えるという作業を省略しているからだと思われます。また30万円であれば、万が一の焦げ付き時にも被害が少ないためだとも推測されます。

 

専業主婦にとっては夫に内緒で最大30万円の借り入れを行え、それを自由に使えることは日々の生活において大変大きなメリットだと思いますが、中には専業主婦に対して最大50万円までの融資を行っている銀行が存在します。それはイオン銀行と楽天銀行です。

 

この2つの銀行では専業主婦でも50万円までの借り入れが可能になっています。また楽天銀行では上に挙げたように、住民票などの婚姻関係を証明する書類も必要ありません。このように楽天銀行が専業主婦にとっては一番手軽に契約しやすく、夫に内緒で利用できるカードローンだといえます。

おすすめ金融機関一覧

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日