時効の援用を行う為には

キャッシング業者からお金を借りた場合、もちろん返済日に支払いを行う義務が生じます。ですがどうしても返済ができなくなってしまうこともあると思います。この場合に一定期間逃げ切ることで借り入れ額を返済する義務が無くなることを時効といいます。

 

時効と聞くと、まず事件や犯罪でその期間まで逃げ回ることが浮かぶ人も多いと思いますが、キャッシングにも同じように時効があり、商法により商行為で行われた借り入れに対しては5年の時効が設定されています。

 

要はキャッシング業者から5年間逃げ切ることで、借金を返済する義務が消滅するということです。またこの時効を成立させる為には5年の期日が経過した後、時効の援用も行う必要があります。期間が経過しただけでは時効とは認められません。

 

時効の援用とは?

この時効の援用とは、対象のキャッシング業者に対して時効が成立した旨を伝えることです。具体的には、もうこの借り入れに対しては時効が成立したので返済する義務は無くなった、この件で信用機関に記録されたブラック情報も消去するように、という内容になります。

 

ですが、この連絡に対して簡単にキャッシング業者が応じてくれる訳はありません。またキャッシング業者からの借り入れは5年が時効ですが、その時効を中断させることもできます。この中断とは一時的に時効までの期日が止まるということではなく、逃げ回っていた期間が一切無効になることを言います。

 

中断が行われる要件とは、まず借り入れを行っている側がキャッシング業者からの催促に対し、自分が借り入れをしていることを認めた場合です。返すと言ってしまった場合もそれに当たります。また、キャッシング業者側が差し押さえや仮差し押さえ、仮処分などの行政手段に訴えた場合にも時効は中断されてしまいます。

 

例え4年以上逃げ回っていたとしても、これらの時効の中断に当たる要件が1つでもあった場合、そこでそれまでの期間は一切リセットされてしまい、時効は成立しません。

 

時効の援用にはいくつかの段階が

このように時効の援用まで行い返済義務を消滅させることは難しいですが、どうしても行う場合は以下の段階を踏んでいくことになります。まずは確実に時効期間が経過しているかの確認をします。時効までの5年間とは、最後に取り引きを行った日から数えます。

 

取り引きを開始した日ではありません。最後に返済を行った日の確認をきちんと行ってください。丸5年以上経過していないと時効は成立しません。確実に時効が成立したと判断できたら、その間に中断が行われるような要件は無かったのかを確認します。一度でもそのうち返すなどと言ってしまった場合はその時点で中断されていますので、その日から新たに5年間経過する必要があります。

 

何も無かった場合は、次に時効の援用をキャッシング業者に伝えます。これは電話で伝えた場合、その場で簡単に応じてくれるとも思えませんし、後から聞いていないと言われてしまう可能性もあります。そこで内容証明郵便にてその時効の援用を伝えることになります。

 

これは文字通り、郵便局がその内容を確かに伝えたと証明してくれるものなので、相手側が受け取っていない、知らないと否定することはできません。そしてここまで行った後、催促が一切行われなくなって、初めて返済義務が無くなったことになります。またこの場合、個人信用機関にブラック情報として記録されていた内容も消去されます。

 

実際に行うのは難しい

ですが、実際にここまで行うのはかなり難しいと思ってください。キャッシング業者も5年もの間、何のアクションも起こさないとは考えられません。どうしても時効の援用まで行いたい場合、個人で行うのは厳しいと思います。

 

司法書士や弁護士に相談してみるのも手です。それでも難しい場合もありますので、キャッシング業者からの返済から逃げ切ることはまず無理だと思っておいて間違いありません。

おすすめ金融機関一覧

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日