銀行おまとめローンと総量規制の関係について

消費者金融や銀行のカードローンを複数利用していると、その返済に追われるようになります。そのような時、利用したいのがおまとめローンです。

 

おまとめローンとはどのようなもので、利用するメリットは何か。また総量規制とおまとめローンの関係や、注意点についてここで検討してみたいと思います。

 

おまとめローンとは、借入先を一本化するもの

おまとめローンとは、複数の金融機関から借り入れしている債務者が、借入先を一本化するために利用するローンのことです。

 

おまとめローンは消費者金融や銀行が展開しているサービスで、おまとめローンの融資が決定すると、通常は既存のローンについては一括返済し、新たな融資をうけたおまとめローンだけが残ることになります。

 

おまとめローンを利用すると、返済の見通しが楽になる

おまとめローンを利用すると、返済先が一本化されるまで、返済手続きが簡略化されます。複数の金融機関に返済しなければならない場合、月に何度も返済が必要となって混乱し、返済が遅れがちになってしまいますが、そのような時におまとめローンを利用すれば、滞りがちな返済を確実なものに変えられるのです。

 

おまとめローンと総量規制の関係

このおまとめローンを利用する際、問題となるのが総量規制の関係です。総量規制は、貸金業者から借入をなす場合に借入金の総額が年収の1/3に限られる規制のことです。この総量規制は貸金業法の規制に服する貸金業者を縛るものであるため、銀行は規制の対象外になっています。そこで銀行のおまとめローンを利用する場合には、総量規制を超えた年収の1/3の融資も受けることは可能となります。

 

銀行のおまとめローンであっても年収の1/3を超える融資は稀

しかし銀行のおまとめローンを利用する際に、年収の1/3を超える融資を受けることは難しいのが現状です。銀行は消費者金融よりも審査が厳しく、融資枠も厳密なものとなっています。そこでおまとめローンであっても、たくさんの融資が受けられるとは限らないのです。そもそもおまとめローンを利用する人物は、複数の金融機関から融資を受けた状態であるため、新たな融資は受けづらい状態にあります。しかし申込者に一定の所得があって、着実に返済ができると見込まれる場合に提供されるのが、おまとめローンなのです。

 

おまとめローン利用の際の注意事項

おまとめローンは通常のキャッシングとは異なり、審査が厳密な傾向があります。それはおまとめローンは使用用途が比較的自由な通常のキャッシングとは異なり、ローンの目的が既存ローンの返済に限られているためです。

 

おまとめローンの使用目的は限定される

おまとめローンの融資を受けたら、かならずその融資を既存の借入金の返済のために使う必要があります。既存の借入金の返済を行なわないと、おまとめローンの目的である借入金と借入先の一本化が図れないことになってしまいます。特に注意が必要なのは、おまとめローンの申込者はすでに多重債務者になっている場合が多いということです。

 

多重債務者は借入金に対する恐怖心や嫌悪感が麻痺しているため、借入金を自分の所持金と勘違いして散財してしまう傾向が多いのです。しかし、おまとめローンで融資された借入金を散財してしまうと、借入金が2倍に膨らんでしまいます。

 

銀行のおまとめローンの場合は、一括返済が求められることも

このようにおまとめローンには、申込者が融資された金銭を既存ローンの返済にあてず、散財してしまう危険があります。そこで銀行をはじめとする金融機関では融資した金銭を確実にローンの返済に当てたか確認がとられることがあります。そこでローンの返済をしていないと、融資金について一括返済が求められることもあります。そこでおまとめローンについては確実に、既存ローンの返済に当てる必要があります。

 

一本化できなくても、おまとめローンを使うメリットはある

おまとめローンの申込者はすでに多重債務者となっている場合が多く、申し込んでも十分な融資が受けられない場合があります。おまとめローン最大のメリットは、既存ローンを完済することで借金の一本化を図り返済手続きを簡略化することですが、融資が十分に受けられないと、既存ローンが完済できない場合もあるのです。

 

借金の件数を減らし、金利負担の軽減を図れる

しかし借金の一本化ができなくとも、おまとめローンを利用するメリットはあります。おまとめローンを利用すれば、借金の件数を確実に減らせます。借金件数が5件や10件ある場合よりも、2、3件の場合のほうが返済の管理はしやすくなり、確実な返済が可能となります。

 

また金利負担が高めとなっていた既存の借入金をおまとめローンで完済することで、金利負担を軽くすることもできます。そこで複数の金融機関から借入があり、金利負担や返済手続きに悩まされているのであれば、おまとめローンの利用を検討すべきなのです。

おすすめ金融機関一覧

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日